文字の大きさ
病院案内

概要

外観
病院長 立田 浩
住所 〒567-0035 大阪府茨木市見付山2-1-45
連絡先 Tel:072-622-8651 Fax:072-627-2022
病床数 一般315床(7対1急性期病床 273、地域包括ケア病床 42)
平成28年1月1日より、療養病棟42床を地域包括ケア病棟に変更いたしました
診療科目 内科 消化器科 循環器科 小児科 外科 整形外科 脳神経外科 
心臓血管外科 眼科 耳鼻咽喉科 放射線科 皮膚科 泌尿器科 
産婦人科 精神科 神経科 麻酔科 形成外科 リハビリテーション科
※メンタルケア科(精神科 神経科)は平成20年4月末日をもって外来休止となり、現在は一般外来診療を行っておりません
外来診療時間 診療時間:
月曜から金曜日 午前9時から午後5時
土曜日          午前9時から12時30分

受付時間:
初診 午前8時30分から11時30分(土曜は11時)
再診 午前8時から11時30分(土曜は11時) ※月曜から金曜の午後は予約診療のみ
 (但し、一部の診療科で予約外診療を実施しています)
※平成20年4月より土曜日の一般外来診療を再開しましたが、
一部の診療科については休診となります
(土曜日休診:整形外科・眼科・リハビリテーション科、皮膚科と
耳鼻咽喉科については第1土曜日のみ休診)
また、土曜日は予約診療のみの診療科もございますのでご注意ください
※なお第3土曜日は休日のため、全診療科休診となります
休診日 ●第3土曜日、日曜日、祝日
●年末年始(12月30日~1月3日)
●創立記念日(5月30日)
※救急は年中 24時間 受付致します(但し、診療科目によります)
面会時間 ●午後1時~午後8時30分
主な特徴 開放型病院:茨木市医師会を中心に、三島地区の医師等登録医312名
(平成29年6月現在)をもとに開業医と病診連携しています。
開放病床数は12床です。 救急診療体制:休日・時間外の救急体制は、内科1名、小児科(輪番制)1名、
外科系1名(外科・整形外科・脳神経外科)、産婦人科1名、計3~4名の医師、
夜間看護管理当直者1名、看護師2名、薬剤師1名、医療技術員2~3名、
事務職員2名。その他オンコール体制(自宅待機)あり。
三島地区の2次救急体制の病院です。 無料低額診療事業:社会福祉法第二条第三項に規定されている
無料低額診療事業を実施しています。 関連施設:以下の施設を運営しています。
入院基本料
(平成29年2月1日現在)
厚生労働大臣が定める基準による看護を行っている保険医療機関です。 
看護要員の配置は下記の通りです。

  • 7対1 入院基本料(273床)
    ※ ハイケアユニット入院医療管理料1(4床)、小児入院医療管理料4(31床)を含む

    当院の一般病床(4階北・4階南・5階北・5階南・6階北・6階南)では、
    1日に1病棟あたり(平日)15人以上の看護職員(看護師の割合は
    7割以上)が勤務しています。
  • 地域包括ケア病棟入院料1(42床)
    当院の7階南病棟では、1日に11人以上の看護職員(看護師の割
    合は7割以上)が勤務しています。
なお、各病棟ごとの勤務帯看護配置は、各病棟に掲示しています。
入院時食事療養費
  • 入院時食事療養費(Ⅰ)
 ※ 管理栄養士によって管理された食事を適時(夕食については午後6時以降)、
   適温で提供しています。また、病棟にはデイルームが備わっていますので、
   ご利用ください。

施設基準
(平成29年5月1日現在)

  • 基本診療料の施設基準
    ・総合入院体制加算3
    ・急性期脳卒中加算
    ・診療録管理体制加算1
    ・医師事務作業補助体制加算1(40対1)
    ・急性期看護補助体制加算(25対1)
    ・看護職員夜間配置加算(イ.12対1)
    ・医療安全対策加算1
    ・感染防止対策加算1・地域連携加算
    ・患者サポート体制充実加算
    ・総合評価加算
    ・病棟薬剤業務実施加算1
    ・データ提出加算2
    ・退院支援加算1
    ・認知症ケア加算2
    ・精神疾患診療体制加算2
    ・ハイリスク妊娠・分娩管理加算
     (産婦人科医数 4名、平成28年:年間分娩件数 201件)

  • 特掲診療料の施設基準
    ・高度難聴指導管理料
    ・糖尿病合併症管理料
    ・がん性疼痛緩和指導管理料2
    ・がん患者指導管理料1.2.3
    ・糖尿病透析予防指導管理料
    ・院内トリアージ実施料
    ・ニコチン依存症管理料
    ・開放型病院共同指導料
    ・肝炎インターフェロン治療計画料
    ・薬剤管理指導料
    ・医療機器安全管理料1
    ・在宅患者訪問看護・指導料(褥瘡ケア)
    ・HPV核酸検出及び簡易ジェノタイプ判定
    ・検体検査管理加算(Ⅰ・Ⅱ)
    ・ヘッドアップティルト試験
    ・小児食物アレルギー負荷検査
    ・CT撮影及びMRI撮影
    ・抗悪性腫瘍剤処方管理加算
    ・外来化学療法加算1
    ・無菌製剤処理料
    ・心大血管疾患リハビリテーション料(Ⅰ)
    ・脳血管疾患等リハビリテーション料(Ⅰ)
    ・運動器リハビリテーション料(Ⅰ)
    ・呼吸器リハビリテーション料(Ⅰ)
    ・がん患者リハビリテーション料
    ・透析液水質確保加算2
    ・下肢末梢動脈疾患指導管理加算
    ・乳がんセンチネルリンパ節加算2
    ・ペースメーカー移植術及びペースメーカー交換術
    ・大動脈バルーンパンピング法(IABP法)
    ・胃瘻造設術
    ・輸血管理料Ⅱ、輸血適正使用加算
    ・人工肛門・人工膀胱造設術前処置加算
    ・胃瘻造設時嚥下機能評価加算
    ・麻酔管理料(Ⅰ)
認定施設 ・臨床研修病院指定(管理型・協力型)
・日本消化器病学会認定施設
・日本小児科学会専門医認定施設  
・日本整形外科学会専門医研修施設  
・日本外科学会外科専門医制度修練施設 
・日本消化器外科学会専門医修練施設
・日本消化器内視鏡学会認定指導施設
・日本内科学会認定医制度教育関連病院
・日本泌尿器科学会専門医教育施設 関連教育施設
・日本病理学会研修登録施設
・日本麻酔科学会認定病院
・日本脳卒中学会認定研修教育病院
・日本栄養療法推進協議会認定NST稼動施設
・日本静脈経腸栄養学会NST稼動施設
・日本がん治療認定医機構認定研修施設
・大阪府肝炎専門医療機関
・日本糖尿病学会認定教育施設
・日本皮膚科学会認定専門医研修施設
・日本循環器学会循環器専門医研修施設
・日本透析医学会専門医認定施設
・日本腎臓学会研修施設
 指定医療機関 ・保険医療機関 
・生活保護法指定医療機関 
・労災保険指定医療機関 
・指定自立支援医療機関
・感染症法(結核予防)医療機関
・原爆被爆者一般疾病指定医療機関
・災害時リウマチ患者支援事業の協力医療機関

 

沿革

昭和15年 4月 経営難に陥っていた茨木町営診療所を篤志家の黒田定吉殿が私財を投じ、
町内高橋(現市役所南側広場の堤防上)に約20坪の建物と医療機器・
人件費等を支弁し、上記財産を大阪府済生会に寄付された
昭和21年 9月16日 大阪府済生会茨木診療所として、診療業務再開
昭和26年 4月 1日 茨木市中穂積326(現見付山公園)に新築移転
昭和26年 8月22日 済生会が医療法による公的医療機関に指定される
昭和27年 5月22日 済生会が財団法人から社会福祉法人へ組織変更定款認可される
昭和34年12月 3日 済生会吹田病院茨木分院正式認可
【病床数43床】
昭和38年10月 1日 済生会吹田病院茨木分院から大阪府済生会茨木病院として独立
【病床数51床】
昭和41年10月31日 茨木市見付山1丁目に新築移転
【病床数170床】
昭和43年 9月 2日 総合病院認可
昭和47年 5月 8日 増改築工事竣工
【病床数320床(一般270床・精神50床)】
昭和47年11月25日 増改築工事落成式、総裁高松宮殿下ご臨席
昭和53年 8月18日 増床のため院内看護宿舎を病棟に改装
【病床数365床(一般315床・精神50床)】
平成 2年 6月 1日 大阪府老人性痴呆疾患センター事業の指定病院に認可
平成 8年 6月28日 老朽化、狭隘化のため新病院建築に向けて移転用地を購入
平成 9年 7月23日 透析ベッド増床のため病床数減少
【病床数352床(一般315床・精神37床)】
平成11年 2月 1日 介護老人保健施設 ライフポート茨木 開設
平成11年 9月19日 開放型病院の申請および病診連携室の発足
平成14年 3月31日 大阪府老人性痴呆疾患センター事業の指定病院を返還
平成14年 6月14日 新病院起工式
平成14年 8月 1日 言語聴覚療法室開設のため病床数減少
【病床数345床(一般315床・精神30床)】
平成15年11月 1日 茨木市見付山2丁目に新築移転(現見付山公園隣接地)
【病床数315床(一般273床・療養42床)】
平成15年11月15日 新築移転竣工式及び祝賀会、寬仁親王妃信子殿下ご臨席
平成16年 3月31日 臨床研修病院指定(協力型)
平成17年 4月25日 財団法人日本医療機能評価機構の認定証(Ver.4.0)を受領
(平成17年 2月13日~15日 本審査受審)
平成18年 7月 1日 療養病床42床を一般病床に変更
【病床数315床(一般315床)】
平成19年 7月 1日 大阪府済生会茨木訪問看護ステーションを開設
平成19年 9月13日 臨床研修病院指定(管理型)
平成20年10月 1日 看護部の病床管理業務・病診連携室・医療福祉相談室を統合し、「地域医療福祉支援センター」を発足
平成21年 7月 1日 包括評価制度(DPC)を導入
平成22年 7月 2日 財団法人日本医療機能評価機構の認定証(Ver.6.0)を受領
(平成22年 2月14日~16日 更新時審査受審)
平成22年12月 1日 一般病床42床を療養病床に変更
【病床数315床(一般273床・療養42床)】
平成23年 4月 1日 病院・老健・訪問看護ステーションを統括する、「大阪府済生会茨木医療福祉センター」を発足
平成24年 7月 1日 HCU(ハイケアユニット)開設 ※4床
平成27年 4月 1日 人間ドック開始
平成27年 4月 3日 財団法人日本医療機能評価機構の認定証(機能種別版評価項目3rdG:Ver.1.0)を受領
(平成22年 2月14日~16日 更新時審査受審)
平成28年 1月 1日 療養病床42床を地域包括ケア病床に変更
【病床数:一般315床(7対1急性期病床273床・地域包括ケア42床)】